メニューをスキップして本文へ


rsyncで負荷を押さえて転送

  • 2011年October 5日(Wed) 17:34 JST
  • 投稿者:
    kazu
  • 閲覧数
    8,915

rsync --bwlimit=2048 --rsync-path="ionice -c2 -n7 nice -n19 rsync" -ave "ssh -c arcfour" USER@リモート ローカル

--bwlimitはkbytes/sec
--rsync-pathでionice -c2 -n7 nice -n19 rsyncを指定するとプロセスのCPU/HDDの実行優先度を下げて負荷が最小限になるようで。
詳しくは
rsync > リモートサーバー側の負荷を抑えてrsyncを実行する方法

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://kusumoto-jp.org/trackback.php/rsync2
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

ログイン

ログイン

twitter

アクセスカウンタ